借金返済問題や債務整理で弁護士や司法書士などの法律家に相談したいと思っている方のために、相談窓口の案内役となるのが当サイトです

いま問題のヤミ金の形

ヤミ金のなかでも、消費者が引っかかってしまいやすい問題となっている業者は、都(1)=「トイチ」と呼ばれる業者です。


トイチといえば、以前は、10日で1割の利息を取る違法高利貸しのことでしたが、最近はその意味が変わってきています。


都(1)とは、貸金業者の登録番号を示しています。消費者金融などの貸金業者が営業活動を行うためには、本店所在地を管轄する財務局に登録しなければなりません。都(1)ということは、東京都の登録業者ということです。


( )内の数字は、登録後の更新回数を示しています。貸金業者の登録は3年ごとに更新しなければなりません。つまり、登録して3年以内だと(1)、6年以内だと(2)、9年以内は(3)となるわけです。長く消費者金融業を続けているならば3年ごとに数字がどんどん高くなります。


syorui.jpgこの数字が(1)ということは、3年以内の新規業者となる訳ですが、このなかの少なくない業者が、すぐに廃業して、別会社でまた新規登録しています。こういうところはヤミ金の一種です。


なぜそんなことをするのかといいますと、雑誌や新聞で広告を出すことが出来るのは、登録業者に限られるからです。雑誌や新聞に広告を掲載することで信頼感を増し、かつ多くの借り手を集めようというのです。


貸したあとはヤミ金の顔をのぞかせます。で、法的に問題になる前に廃業して、借り手のことはそのまま追い続けるのです。そしてまた並行して新会社を登録させ、同じ手口を繰り返します。


登録番号は、雑誌広告や新聞の広告などのはじに記載されています。申し込もうとする前に必ずこの番号をチェックして、借りるならば( )内の番号の大きなところにしてください。


ちなみに業者数は東京が圧倒的に多いので「都(1)」に注目していますが、これは他の地域でも言えることですのでご注意ください。




借金返済に悩む夫・妻


借金に悩み、苦しんでいる方は下記でご相談ください↓↓↓
相談すると債務整理を行わなければならないなんてことはありません。まず今の借金状況がどういう状態にあるのかを、借金関連の専門家に分析してもらいませんか?

ご家族や友人にもなかなか話せない借金の悩みをひとりで抱え込まないでください。頑張り過ぎないでください。専門家の第三者に話を聞いてもらうだけでも随分と心が楽になりますよ。
まずは無料のお試しシミュレーションをしてみては?(匿名でOK)
↓↓↓↓↓


全国の100以上の事務所からあなたのお住まいの地域を担当できる
あなたに合った事務所を厳選して紹介するサービスはこちら(無料)
過払い金 無料相談

    

関連記事

  1. 悪質な取り立てを受けたら
  2. ヤミ金・悪質業者の種類
  3. 法律違反となる取立て行為
  4. 内容証明郵便について
  5. 給料の差押えについて
  6. 支払い督促について
  7. マイホームを手放したくない

TOPPAGE  TOP 
RSS2.0